So-net無料ブログ作成

奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)

 「だまし絵」で知られるオランダ出身の版画家、エッシャー(1898〜1972)の名作を集めた特別展「M.C.エッシャー展〜視覚の魔術師」(奈良県立美術館、産経新聞社主催)が20日、奈良市登大路町の県立美術館で始まった。初期から晩年までの作品約80点を紹介している。5月9日まで。

 エッシャーは、風景や動植物、建築デザインなどを綿密な計算に基づく版画技法で表現。現実ではあり得ない「トロンプ・ルイユ(だまし絵)」の名手として評価されている。日本に滞在した父を通じ、浮世絵版画の影響も受けた。

 長崎県佐世保市のハウステンボス美術館所蔵の代表作「上昇と下降」「昼と夜」などを展示。大阪府八尾市の公認会計士、池田知弘さん(34)は「版画で立体的な世界を表現した想像力に大変魅力を感じた」と話していた。

 一般千円、高校・大学生700円、小・中学生400円。問い合わせは奈良県立美術館((電)0742・23・3968)へ。

【関連記事】
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって
パブロ・ピカソ「青の時代」秀作競売 最高額の更新なるか
貴族の気品伝えるフレスコ壁画断片 「A.D.79 古代ローマの美術」展
正倉院宝物の香台 奈良・法華寺で写し作製、今月末に完成
北野監督「まさに夢のよう」 仏最高勲章を受章
20年後、日本はありますか?

「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を−警視庁(時事通信)
JAYWALKボーカルの内縁妻 テレビで「夫の覚せい剤」語る(J-CASTニュース)
<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
パラマウントの介護ベッド事故は製品起因の疑い―消費者庁が注意喚起(医療介護CBニュース)
女子大生のスカート内を盗撮容疑、自衛官逮捕(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。