So-net無料ブログ作成

<虐待>6歳の男の子が脳内出血で重体 義父を逮捕 三重(毎日新聞)

 三重県警鈴鹿署は22日、内妻の小学1年の次男(6)に暴行し脳内出血の大けがを負わせたとして、鈴鹿市算所4、無職、小島正嗣容疑者(25)を傷害の疑いで逮捕した。男児は意識不明の重体。同容疑者は容疑を認めているという。同署は以前から虐待をしていたとみて調べている。

 容疑は、21日午前7時ごろ、自宅で次男を殴り、脳内出血の傷害を負わせたとしている。次男は内妻(34)の連れ子で、小島容疑者は「厳しくしつけるために殴った。投げ飛ばしたり、足払いをかけたこともある」と供述しているという。同市によると、長女(13)も今年2月ごろ、顔をはらしていたという。

 小島容疑者方は内妻と内妻の長女、長男(10)、次男の5人暮らし。5人は昨年から同居しているらしい。

 同署によると、21日午前、長女が中学校の教諭に相談。連絡を受けた北勢児童相談所が鈴鹿署に同行を要請し、同日午後6時半ごろ、署員らと容疑者宅を訪問した。次男は寝ており、内妻が「風邪をひいたので、寝かせている」と話したため、署員らは引き揚げた。署員は同日、さらに2回訪問したが、応答はなかったという。

 ◇13歳姉が通報

 しかし、22日午前7時25分、長女が「弟が殴られた」と110番。同署員が駆け付けると、次男はぐったりしていた。【木村文彦、大野友嘉子、谷口拓未、大原隆】

【関連ニュース】
虐待:5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑
福岡3歳児虐待:31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑
北海道4歳児虐待死:否認の男に懲役8年 旭川地裁判決
虐待:3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多
児童虐待:施設の保育士や指導員 大阪

「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記−民主(時事通信)
「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず−警視庁(時事通信)
高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)
<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。