So-net無料ブログ作成

重くして“エコカー認定”の欺瞞(Business Media 誠)

 エコカー減税や補助金の認定にも利用されている、国土交通省の低燃費車の認定制度に対し、東京都から制度上の欠陥が指摘されています。

 この制度は、国土交通省が省エネ法で定めた燃費基準をクリアしたクルマを「燃費基準達成車(低燃費車)」として認定、該当車には緑色のステッカーを与え、公的なお墨付きを与えるとともに、エコカー減税や補助金などの優遇策を受けるための前提基準ともなっています。

 制度上の欠陥とは、この制度の認定基準がクルマの重量が重くなるほど緩くなるため、基準を満たさないクルマにパワーシートやサンルーフといったオプションを加え、重量をかさ上げして基準をクリアできることです。こうした重量をかさ上げして基準をクリアする手法は、自動車業界では「お引越し」という業界用語で呼ばれるまでに定着しているようです(出所:2010年5月18日MSN産経ニュース)。

 確かにおかしな話です。この制度ができるまでは、自動車メーカーはクルマの軽量化に腐心していました。基本的には、重量が軽い方が燃費が良くなるからです。ところが、この制度は自動車メーカーにゆがんだインセンティブを与えてしまいます。

●何のための制度なのか?

 今回の東京都の指摘に対し、国土交通省は「区分を細分化すると燃費試験に膨大なコストがかかる」(出所:同上)と説明しており、当面、欠陥を是正するつもりはないようです。

 これでは、何のための制度か分かりません。本当に、エネルギー削減を促進する目的でこの制度は作られたのでしょうか? もともと、エコカー減税や補助金は、環境負荷低減ではなく、景気対策の側面が強いことは指摘されていました。景気対策が目的ならば、エコをかたるのではなく、別の名称を用いるべきです。もし、日本政府が本当に環境負荷低減を進めたい、環境負荷低減で国際的なリーダーシップを取りたいならば、こうした欺瞞は早急にやめるべきです。

 まだ、環境負荷低減は価値が十分に認められておらず、非常に危うい位置にあります。エコや環境負荷低減を訴えるビジネスは、資源やエネルギーを実際に節減できるものと、こうした制度のゆがみや「地球に優しそう」というイメージによる誤解に基づくものの玉石混交の状態です。

 こうした中で、国のような環境負荷低減に価値を付与すべき機関が、率先してその価値に対する信頼を損なうような行動を行えば、「環境、環境、エコ、エコって言うけど、実際には世の中の何の役にも立っていないよね」と、本当に環境負荷低減につながるビジネス、活動まで含めて、まがい物として見られるようになってしまいます。バブル崩壊後の不況と同様、踊らされた需要が大きければ大きいほど、その信用が崩壊した後の全体の環境負荷低減ビジネス、活動に与える影響は大きくなります。

 制度のゆがみを利用するのは、違法ではありません。悪いのは、そうしたゆがんだ制度を作った制度設計者です。企業側から見れば、そうした制度のゆがみは、短期的には少ないリスクで収益を上げる良い手段です。単なる良い手段どころか、それを利用しない手はないというくらいです。実需を追いかけるのか、制度のゆがみやバブルを追いかけるのかは、あくまでも、それぞれの企業の信念、価値観によります。

 しかし、中長期的には、制度のゆがみやバブルを利用して収益を上げる企業は、やがて淘汰されます。我々環境負荷低減ビジネスの担い手には、その価値がまだまだ壊れやすいものがあるがゆえに、信念を持って実需を追いかけることが、事業の成功につながると考えます。(中ノ森清訓)

【関連記事】
ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度
iPadの分解結果が示す、既存の調達・購買管理論の終焉
リモコンをなくせ、iPhoneですべての家電をコントロール

<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
明石の女性殺害 三男を指名手配 兵庫県警(産経新聞)
平城宮東院庭園、特別名勝指定を答申…文化審(読売新聞)
暴力団 コンビニ標的に用心棒代…資金難で新手法(毎日新聞)
元横綱朝青龍から事情聴取 知人への暴行で警視庁(産経新聞)

「高齢者にこそiPad」―インターリンクが無料講座(医療介護CBニュース)

 インターネット接続サービスのインターリンクは、アップルのタブレット型端末「iPad」を使った高齢者向けインターネット講習会「シルバー向けiPad教室」を開催する。6月から来年3月までに12回実施する。参加条件は60歳以上で、1回につき10人程度の参加を見込む。

 講習会の内容は、インターネットの基礎知識、iPadの使い方、ネット通販の利用方法、写真データの送信方法など。インターリンクがiPadを無料で貸し出す。同社では「iPadのインターフェースは万人に最適で、高齢者が楽しみながらインターネットを学べる」としている。


【関連記事】
高齢者向け食事サービス、地域で差―横浜の研究会が報告
高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県
「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査
「食事」で高齢者の「自分らしい暮らし」を
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査

<掘り出しニュース>明治から続く医院、画廊に 岐阜・池田(毎日新聞)
平野長官、徳之島の経済関係者に協力要請(読売新聞)
参院山形、宮城で候補擁立=みんなの党(時事通信)
首相動静(5月16日)(時事通信)
江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」(産経新聞)

カキツバタ しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)

 愛知県知立市八橋町の県史跡・無量寿寺の「八橋かきつばた園」で、カキツバタが見ごろになった。平安時代の歌人・在原業平が立ち寄り、カキツバタの歌を詠んだと伝えられる名所。境内の大小16の池に約3万株が植えられており、雨が降った7日朝、紫色の花々がしっとりと鮮やかに咲いていた。

 今年の開花は例年よりやや遅れたものの、10日前後には満開となり、今月下旬まで楽しめそう。26日まで「かきつばたまつり」が催され、期間中は午後9時までライトアップされる。【安間教雄】

【関連ニュース】
神戸ポートタワー:改修工事終了 LEDで外観カラフルに
滝桜:夜空に樹齢1000年 福島・三春
平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
神戸ポートタワー:新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ
掘り出しニュース:バイオディーゼル燃料でライトアップ 高校生が廃油から造る

【ゆうゆうLife】病と生きる 女優・高樹澪さん(50)(産経新聞)
元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)
藤原さんは藤原氏の末裔・・・?(産経新聞)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。